本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

卒業式も一段落して、

2022-03-28
新入生や新入社員が、いよいよデビューする季節
会社によっては新入社員を迎え入れてフレッシュな風が吹き荒れ今の子はなんて思い始めているのではないでしょうか。4月になれば入学式、新入生がいっぱいに。思い返せば幼稚園に朝、登園する時、泣かれました。小学生の登校時には大きなお兄ちゃんお姉ちゃんに囲まれ黄色い帽子がクルクルクルクルと後ろ姿に不安でいっぱいな様子が伺えました。中学生、学生服、セーラー服の我が子が誇らしげに真っ白いスニーカーで登校して行きました。高校生、初めて市外に電車通学、自転車を買って駅まで自転車だったのは長男だけ、長女は妻の車で駅まで送ってもらい登校です。そんな長男は東京で大学の学生寮に去年まで住まいし、今年からは3年生に進級した為、学生寮を退寮、地元の同級生とルームシェアし初めての一人暮らし?、長女は高専なので4年生となり、今年からは車通学となります。車には初心者マークをつけて毎日駐車場まで運転の練習をしています。駐車場まで行くと枠の中に駐車する練習をして、当初は本当に免許を取ったのかと疑問に思うような運転技術でしたが昨日は、だいぶ上手くなって車通学デビューもなんとか出来そうに思えました。
2022-02-04
お客様に聞かれて
先日、あるお客様に「イシンホーム長岡ってどんな感じの建物を建てられるんですか?」そんな風に言われました。
少し戸惑い、「耐震構造+減震に加えて断熱や換気が好評で地域によっては太陽光を採用してもらっています。そして、オプションが少なく今流行りの○○○万円でオプションたっぷりとは真逆で性能も価格も安心して建てられる住宅メーカーだと思います。」こんな感じで、お応えさせてもらいましたが、お客様は住宅購入検討に入ったばかりだったせいか、言ったことの半分も理解されていなかった様子で説明に工夫が必要だと痛感しました。
そこで思いついたのは、車に例えたら伝たわるのか?身近だし、どうでしょうか?
「イシンホーム長岡の建てる家は車で言ったら 【トヨタ クラウン】です。」そう応えると、お客様の大半は「じゃセキスイ、住友、ミサワ、夢ハウスなんかはどう違うんですか?」と言われるんです。そうしたら「アウディ、ベンツ、BMWみたいな感じでしょうか」ってお応えしたらどうかなって思いました。車の性能はみんな素晴らしいことは誰もが分かっていらっしゃると思うんです。トヨタのクラウンは何から何までフル装備されていて、その時代時代の最先端の技術が惜しげなく詰め込まれている車です。でも、アウディ、ベンツ、BMWだって当然ですが同じように作られている車なんです。
では、何が違うのか高級輸入車は税金など様々な要素で価格が高い。一流住宅メーカーもCMや常設展示場の維持で高いんです。
どうですか? ちょっと分かり易くなったでしょうか?
やっぱり分かりにくいですか?分かりにくい、そんな方はカタログ資料をご用意しております。百聞は一見に如かずかも知れません。
どうぞ、お気軽にご連絡ください。無料で無料とは思えないカタログ資料をお持ちします。

北京オリンピック

2022-02-01
明日、競技開始
2月4日 開会式を迎える冬季オリンピック。
競技自体は明日から開始されるのは、あまり知られていないのではないでしょうか。
カーリングはモグモグタイムで一躍、表舞台に躍り出てきましたが明日からです。
されとて、新潟県人の平野兄弟や冨田姉妹が活躍してくれると思うスノーボードがやっぱり、注目ですよね。
他にはフィギュアスケート、スキージャンプに目が行ってしまいます。
ただ一方で盛り上がりに欠けるような気が
東京オリンピックの柔道のように実力を発揮してもらって冬季オリンピックでもヒーローやヒロインが多く輩出され2月20日まで折角だからコロナを忘れさせて欲しいと願い応援したいと思います。

大学入学共通テストも終わり

2022-01-31
受験シーズンが今年もきました
大学入学共通テストが終わると、毎年のことですが受験シーズンなんだなと感じます。
2月になれば私立大学の入試が毎日おこなわれ、受験生によっては毎日繰り返し受験に挑み続け
国公立大学の入試を迎える、そんな日々を過ごさざるを得ないのではないでしょうか。
そして3月になれば高校入試です。
その他にも専門学校の試験だったりと親も子も何かと忙しいと思います。
加えて、入学金だったり住まいの手配や礼金敷金と、お金も大忙しです。
私の家にも第四北越銀行から学士資金のDMが送られて来ました、それも夫婦それぞれにです。
そんな季節ですが、自分はもちろん、お子様も体調には十分にお気を付けて、お互いに良い
春を迎えられるようにと強く願い、久しぶりのブログ更新を終わります。
また、今年もよろしくお願いいたします。

ブランド米 魚沼産コシヒカリ

2021-06-02
乱立するブランド米の中で
魚沼産コシヒカリと聞いてどんなイメージを思い浮かべるだろか。私は新潟県産コシヒカリの中でも高価で厳選されて美味しいんだろうな?とイメージする。では、美味しいのか?頻繁ではないもの食した時の感想は、価格の割にどうなんだろう?新潟県産コシヒカリと大差ないかな?と感じた。
人それぞれで味覚が違うので、この食味をどうこう言おうとは思わないが、北海道産 ななつぼし・山形県産 つや姫・岩手県産 ひとめぼれ・佐賀県産 さがびより・青森県産 青天の霹靂・熊本産 ヒノヒカリと昨今ブランド米としての地位を確立したと言っていい銘柄の代表的なものだけでもこれだけある。
まさに北は北海道から南は九州までである。地方ニュースで魚沼産コシヒカリの苦戦を度々視聴する機会があるが私が思うには高価で一万円程度の食品は苦戦することなく販売が可能なはずと思っている。何故ならば、ブランド牛に目を向けて考えれば松阪牛だけが高価なのか?否、年間出荷頭数100頭の牛は希少だからというだけで高価になっているではないか。現状を良くは知らないが魚沼産コシヒカリは確か私達が思っている魚沼より広範囲で生産されているようだ。私の縁者も魚沼に住まいしているが川を挟んで東と西では東の方が美味しいと聞いた覚えもある。そこで提案したいことは、細分化して統一のパッケージ(※1位~の順位が一目で分かるパッケージ)を使用し、1位は今より高価に順位が下がれば新潟県産コシヒカリと同価格にし、価格に見合った食品にすれば食した時に納得できるのではないか。銘柄だけの魚沼産コシヒカリではなく魚沼産コシヒカリの中で競い、何年度産はこの地区をこのパッケージと言うように、他県他地域に対してだけでなく同じ銘柄でも順位付けすることで希少性と品質への安心感が生まれ私のように新潟県産コシヒカリと大差ないと思われないのではないか。こんな提案をされると銘柄だけに頼っていた地域での反発があるとは思うが、そもそも銘柄はユーザーから見れば保証書みたいなもので期待を裏切れば二度と購入はしないし、ネットで家の玄関まで配達されるメリットを考えれば高価であればスーパーで購入し重たい目をして運びたくない。まして、ブランド米が乱立している中で農家の保護だけしていれば新潟県産が優位に立っていられる保証は皆無なのだと私は思う。

有限会社村松田中製材所


〒940-1115
新潟県長岡市村松町2193番地
TEL.0258-22-1661
FAX.0258-22-1617


(1)製材業
(2)住宅事業部
(イシンホーム住宅研究会)


TOPへ戻る